短くも深い足跡を。

日記帳のようなメモ帳のような。

Thinkpad X240 (非対応機)に Windows 11を入れてみた

やり方はこちら。ここに書いてあることだけで可能です。



結論から言うと、大成功です。
現在までのところ、なんの問題も起きていません。


f:id:diva-reibey:20211013211709j:plain:w600



それどころか、Windows 10より体感で何倍も快適です。
一太郎やFirefoxと言った、比較的重いアプリケーションが一瞬で起動します。

はっきり10の頃より速くなっているのがわかります。

それだけでもやってよかった。


前述のサイトの解説通りにレジストリキーを追加して、USBメモリにインストールしたWindow 11のインストーラを起動すると、早速インストールチェックが始まります。これが5分くらいかな。そして、この確認画面が現れます。


f:id:diva-reibey:20211013211625j:plain:w480


本来のシステム要件を満たしていないPCだけど、本当にいいんだね?


って確認ですね。
とうぜん、承諾するわけです。

ここからインストールがはじまるわけですが、これが長い。まったく進捗の%表示が動かないから、危うくキャンセルボタンを押すところでした。
ほら、あんまりに長いから、一太郎のアップデータが裏で動き出しちゃったり


f:id:diva-reibey:20211013211703j:plain:w360


そうそう、席を外したらキーボードの上に猫が乗ってたっけ。慌てて降ろしちゃったけど、その前に写真でも撮っておけばよかったな。


さて、時間だけはかかりましたが、結局ノートラブルで完了。
開始からここまで約2時間
Ryzen3600のデスクトップ機では30分くらいだったかな。やはり遅い。


f:id:diva-reibey:20211013213340j:plain:w480


あ。うちのX240はスライドパッドをX250用のものに交換してありますが、その場合に用いるWindows 10用のレジストリパッチが11でも有効です。
正常動作します。

現在のところ、Windows Updateも利用できるね。
今後何かあったらまた追記します。


f:id:diva-reibey:20211013211605j:plain:w360